着物を知ればもっと好きになる

海外セレブたちも注目している着物。そんな着物は古くから伝えられている日本の伝統衣装です。ですが、着物を遠い存在のものとして感じている人も少なくありません。

着物についてのさまざまな疑問や基本的な基礎知識を知ると、もっと身近なものになるかもしれません。

kimono

受け継がれてきた日本の伝統文化

着物は日本で生まれた日本独自の伝統文化です。着物の様式や形は時代に対応する形で変化しましたが、脈々と受け継がれてきた尊い文化のひとつです。

着物には日本独特の美的センスや色彩感覚などが盛り込まれ、その美しさに海外でも人気が高まっています。

着物を日常的に羽織ガウンとして活用したり、ステージ衣装に取り入れるなどの海外アーティストもいます。また有名ブランドも着物要素を取り入れたコレクションを発表するなど、その勢いは止まりません。

そんな海外にも強力な発信力を持つ着物ですが、日本国内では、結婚式や成人式などの晴れの日、特別な日にのみ着用するもので、日常的に愛用する人はまだまだ多いとは言えません。

ですが、若者の間では着物を街着としておしゃれに着用する人が以前と比べて増加中だといいます。着物の魅力の再発見してみませんか?

素朴な疑問を解決

着物には高価で敷居が高く、簡単に手を出せるものではない、さらに不便で面倒であるというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。実は着物は格式高いものだけではなく、もっと手軽なものもあります。

そのイメージを覆すことができれば、着物はもっと身近になるはずです。そのためには、着物に持っている疑問や不安などを解決する必要があると考えます。

着物への不安を解消し、着物をもっと深く知ることによって、着物をもっと好きになることができます。まずは、基本的な知識から深めていきましょう。