大きな胸が悩み。すっきりと着こなすコツとは

洋服と違い、着物は着こなしにメリハリを付けない方がきれいに着こなせます。ですが、胸が大きな人がどうしてもすっきりと着こなすことができません。そんな悩みがある人は、どのような工夫をすればいいのでしょうか。

バスト

大きな胸は体形にメリハリをつけてしまう

現代の日本女性の体形は、昔と比べ随分と変化してきたと言われています。中でも胸のサイズの平均は数サイズアップしています。

女性らしい体のラインとメリハリあるボディは、現代女性の憧れでもあり、とても素敵なのですが、こと着物となると話は変わってきます。

着物の場合、メリハリがない方がすっきりと着こなすことができます。いわゆる寸胴のほうがきれいに見えるのです。

胸の大きな人がなんの工夫もないまま着物を着てしまうと、帯の上に胸が乗ってしまい、だらしなく見えたり太って見えたりしてしまいます。そのような場合は、ちょっとした工夫が必要となりますので、見ていきましょう。

すっきり着こなす工夫

胸とウエストの差を無くすために、ウエストにタオルなどを巻いたりすることが多くありますが、ウエストにボリュームが出すぎてしまって太って見えることがあります。

すっきりと着こなすには

  1. 和装用補正下着を着用する
  2. ウエスト背中部分にタオル補正をする
  3. 胸部分にタオル補正をする


和装用の下着は必要不可欠となります。通常の下着と違い、持ち上げたり寄せたりせず、また胸を押しつぶしてしまうことなく、膨らみを上手く逃がしてくれます。

また、ウエストのタオル補正は厚手のものは避けましょう。もたついて太って見えないよう、薄手のタオルやさらしを腰の後ろ部分に当て補正していきます。

アンダーバストが細い人は、補正下着の下部分に挟むように、全面にもタオルを当てます。こちらも薄手のタオルで自然に補正することが大切です。

襟元のVの部分を鋭く強調することで、胸の大きさが目立たなくなるような着付方法があるようですが、若い人にはあまり似合わないと思います。補正で上手く調整する方法をおすすめします。