帯のこともっと知りたい!

和服にはさまざまなルールやマナ―があります。着物ばかりが注目されがちですが、帯にももちろんこれらのマナーがあるんです。帯のこと、もっと知ってみませんか?

後姿

帯の基本的なマナーとは

帯は、着物のさらに引き立たせるとても重要なアイテムのひとつです。同じ着物でも、帯に変化を持たせることで、ガラリと印象を変えることができる、そんな帯のことを知れば、もっと素敵な和コーディネートができるはずです。

帯選びにも着物選びを同じようにいくつかルールやマナーがありますが、その前に、帯の種類について見ていきましょう。

  • 袋帯
  • 名古屋帯
  • 半幅帯

まだまだ細かく分けることができますが、大きく分けると主にこの3種類となります。上から順にフォーマル度が高く下に行けば行くほどカジュアルになります。

また、帯全体に柄が入っている全通柄飛び柄(お太鼓柄)、全体の6割程度に柄が入っている六通柄など、柄によっても違いがあります。

帯を選ぶ際注意するポイント

  • 着物のに合わせて帯を選ぶ
  • フォーマルには二重太鼓ができる袋帯一択
  • 自分の体形に合わせた帯選び
  • おめでたい席にはおめでたい柄
  • フォーマルには金糸や銀糸
  • 初心者には全通帯がおすすめ(飛び柄や六通柄は位置がずれやすい)


このような部分に注意して帯を選ぶといいでしょう。

帯のケア方法

帯を収納する場合、取り扱い方法を間違うと、次回の着用時に不具合が出てしまうこともあります。

帯ケア方法。注意ポイント

  • 畳む場合はお太鼓部分が折れないようにする
  • 刺繍や箔がある場合は和紙などを挟んで色落ちしないようにする
  • 湿気が溜まらないようにする
  • 着物とは別々に保管。重ならないように
  • 着用後は2時間程度陰干ししてから収納


帯は目立った汚れがない場合、基本的に乾いたタオルで軽く拭く程度で大丈夫。汚れがあれば専門クリーニングが必須です。シワがあれば、当て布の上からアイロンを軽くかけましょう。