着物ってどうやって保管するのが正解なの?

洋服な主の現代、着物は頻繁に着用するものではないため、その保管方法が非常に重要となります。保管方法を間違えると、大切な着物が虫食いなどの被害にあうことがあるのです。そうならないために、着物の正しい保管方法をチェックしましょう。
kimonohoshi

正しい着物の保管手順とは

着物は保管方法がとても大切です。着物の種類によっても差はありますが、絹で作られている着物はとても虫が付きやすいのです。

どのようにして着物を保管すればいいのか、防虫剤で有名なエステー株式会社のHPに正しい保管方法が記載されていました。

着用後はしっかり陰干し

湿気や汗に弱い着物ですから、それらしっかりと取り除くことがとても大切です。

着物専用のハンガーにかけて干しますが、着物は強い光にとても弱い性質を持っています。そのため、直射日光や蛍光灯の強い光にあてることがないよう、室内でカーテンを閉め暗くすることがポイントです。

汚れやシミがないかチェック

襟や袖、スソなどに汚れがある場合は、硬く絞ったタオルでポンポンと叩いて汚れを落とします。交換できる襟などは洗濯を。

もしもシミを見つけたら、放っておかずに専門店にシミ取りをしてもらいましょう。

正しくたたむ

着物は正しいたたみ方でたたみ、1枚ずつたとう紙に包んで保管します。正しいたたみ方でないとシワの原因となります。

防虫剤の使用を

着物は通気性が命です。そのため、通気性に優れた桐ダンスがベストですが、ない場合は着物用の収納ケースがお手頃価格で販売されているので、それらの活用するといいでしょう。

その際、虫がつかないように防虫剤を入れておきますが、数種類使用すると化学反応を起こし着物に悪影響を与えます。そのため、着物用の防虫剤を1種類だけいれておくことが大切です。

年に2回は虫干し

虫がついたり湿気が溜まるのを防ぐため、年に3回程度、屋内で2~4時間着物を干します。年3回が難しい場合は、せめて1回はできるように心がけましょう。