老化の予防、アンチエイジング

青汁はと言えば野菜不足解消のイメージがありますが、青汁には野菜不足解消以外にも様々な効果があり、老化の予防、アンチエイジングにもが効果的があります。

ここでは老化の予防、アンチエイジングになぜ青汁が効果的なのかを解説していきます。
drinkandwoman

老化が進むと現れる症状

老化現象とは一定の年齢を境に起こる心身機能の低下を指し、20歳から少しずつ始まると言われています。老化現象とは具体的にどのように表れるのでしょうか。
<肉体的現象>

  • 白髪
  • しわ
  • 老眼
  • 筋肉の衰え
  • 関節や骨の衰え
  • 脳機能の低下
  • 内臓の衰え

<精神的現象>

  • やる気がなくなる
  • ストレス
  • 睡眠障害
  • 認知症
  • 食欲低下

等があげられます。年齢を重ねることによりどうしても老化現象は起こるのですが、進行を遅らせることや老化現象を少なくすることは可能です。

老化の予防・アンチエイジングの方法

ここでは青汁を飲む以外に老化の予防、アンチエイジングに効果的な方法をみていきましょう。

脳を最大限に使う

「もう年だから」と言って何もしないでいると、脳はどんどん老化していきます。逆に年をとってもオシャレを楽しんだり、習い事をしたり旅行を楽しんだりと積極的に脳を活動させると、脳は体や肌の若さを維持するようになります。

内面の若さを保つことで、なんとお肌のハリや艶が10歳も若返ったという実験結果も報告されています。内面の若さを保つことは最高のアンチエイジング法なのです。

ストレスを溜めない

加齢とともに体が衰えることで自然と体はストレスを感じるようになります。ストレスを感じることにより体内の活性酸素が増え酸化臭という臭いが漂う、脳内の神経伝達物質流れを悪くなる、などの症状があらわれます。ストレスホルモンであるコルチゾールが免疫を制御して病気にかかりやすくします。

ストレスの解消法は色々ありますが、趣味を持ったり、笑ったりすることが大切です。笑う事だけでストレスは大きく緩和されますので、一人で家にこもるのではなく友人などと会話をしたりして積極的に笑顔になれる環境を作りましょう。

ポリフェノールをとる

ポリフェノールは植物が持つ特有の生体成分でイソフラボン、アントシアニン、フラボノール、タンニン、カテキンなどの物質の総称です。ポリフェノールには強い抗菌・抗酸化作用があり、アンチエイジングの大敵である活性酸素を除去する作用があります。

活性酸素は呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が変質したもので、細胞を酸化させ肌のくすみ、しわ、たるみ、乾燥の原因になります。活性酸素を除去する作用は20歳をピークに衰え始めますので何らかの方法で補うことが肌の老化予防に必要です。そこで効果的なのがこの活性酸素を除去する強い抗酸化作用のあるポリフェノールなのです。

ビタミンCをとる

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、老化から起こる様々な病気や症状を予防してくれる働きがあります。例えば骨がもろくなり骨折しやすくなる骨粗しょう症、耳が聞こえにくくなる難聴、目の水晶体が白く濁る白内障、糖尿病や癌など様々です。

またビタミンCにはお肌の老化防止にも効果があるほか、免疫力を高めてくれたり整腸作用やストレスを緩和する効果もあります。

ビタミンEをとる

ビタミンEはその強い抗酸化作用から「老化防止ビタミン」と呼ばれています。ビタミンCは体から溶け出してしまう水溶性のビタミンですが、ビタミンEは脂に溶ける脂溶性のビタミンで細胞膜や脂質に存在します。

ビタミンEは体がサビつく(過酸化脂質)ことを防止するので細胞を活性化させ老化を防止します。また血管の老化により起こる動脈硬化、アルツハイマー型痴呆、心臓病、白内障、がん予防にも効果があります。ビタミンEはこのほかにも不妊や更年期症状の緩和にも効果を発揮します。

SOD酵素をとる

活性酸素は体内に侵入するウィルスや細菌を撃退する大切な役割を果たしています。私たちが呼吸をそして体内に取り入れる酸素の2%はこの活性酸素に変化するのですが、喫煙やストレス、不規則な生活、紫外線を浴びることで活性酸素が増えすぎると体内の細胞を傷つけてしまい老化の促進や動脈硬化やがんなどの原因になってしまいます。

SOD酵素は増えすぎた活性酸素を除去する作用があります。活性酸素の働きを抑えれば余計なメラニンを発生させずに済み、抗酸化作用を得ることでお肌のターンオーバーの乱れを予防します。お肌の老化予防以外にも息切れ、思考力の低下の改善に効果があります。

またSOD酵素には高血圧、動脈硬化、糖尿病といった病気の予防・改善にも効果があります。

青汁で効率的に老化の予防・アンチエイジングを行うコツ

老化防止に良い成分、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、SOD酵素は「青汁」を飲んで効率よく補うことが可能です。青汁には大麦若葉やケール、明日葉、桑葉、クマザサを主原料としたものがありますが、このどれにも老化を防止する成分が含まれています。

中でも特に老化防止・アンチエイジングに効果のある青汁は「大麦若葉」や「ケール」を使った青汁です。大麦若葉にはSOD酵素が非常に多く含まれていますのでアンチエイジングに効果的です。またケールを使用した青汁はアンチエイジングに効果的な抗酸化作用を持つビタミンがバランスよく配合されています。

老化防止・アンチエイジング以外にも大麦若葉には美肌効果、便秘解消、アレルギー予防・緩和、免疫力アップ効果、ケールには睡眠障害の改善、生活習慣病予防、便秘解消、美肌効果が期待できます。

青汁で老化の予防、アンチエイジングまとめ

老化現象を予防・緩和するには脳を最大限に使うことやストレスを溜めないこと、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、SOD酵素をとることが大切です。

ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンE、SOD酵素は「青汁」で効果的に補うことが可能です。どの青汁でも老化防止に効果はありますが、中でもより老化防止・アンチエイジングに効果的な青汁は「明日葉」、「ケール」を主原料にしたものです。

「明日葉」を主原料にした青汁にはSOD酵素が非常に多く含まれていますし、「ケール」を主原料にした青汁はアンチエイジングに効果的な抗酸化作用を持つビタミンがバランスよく配合されています。

青汁は毎日続けることが大切です。「明日葉」や「ケール」を使った青汁を毎日飲んで老化防止・アンチエイジングをし、心身ともにいつまでも若さを保ちましょう!