アレルギー改善効果

アレルギー症状を訴える人は年々増加しており、今や日本国民の3人に1人はなんらかのアレルギーを持っていると言われています。

そんなアレルギーに悩む人の強い味方が青汁であることをご存じでしょうか。青汁にはアレルギー症状を改善させてくれる働きがあるんです。どのような働きなのでしょうか。

マスク

アレルギーとは

アレルギー症状を分かりやすく言うと、外部からの何らかの刺激を、有害物質だと受け止めた体の免疫システムが、その有害物質を排除しようと一斉にヒスタミンという物質を放出し攻撃を始めている状態のことです。その原因となるアレルゲンにはさまざまなものが対象となります。

花粉・食物・金属・動物・ダニやノミ

このようなアレルゲンによって起こる症状はさまざまなで、日常生活に支障をきたす人もいます。

じんましん・涙やくしゃみ・鼻水・皮膚や粘膜のただれ・目の充血・呼吸困難

なかにはアナフィラキシーショックという死の危険も伴うアレルギー症状が現れる場合もあり、たかがアレルギーと放っておくのはとても危険です。

青汁のアレルギー症状緩和効果とは

青汁につらいアレルギー症状を緩和する効果があると言われていますが、それはなぜなのでしょうか。その理由は2つあると考えられます。

アレルギー症状の原因IgE抗体の値をコントロールする

アレルギー症状は、ヒスタミンという物質が放出されることにより起こるものですが、このヒスタミンを放出する働きを担っているのがIgE抗体です。

青汁にはこのIgE抗体をコントロールする働きと持っているます。青汁原料ケールが特に有効に働くと言われています。

NK細胞を活発にする

アレルギーは体の免疫システムが大きな鍵を握っています。免疫機能アップのためには、腸内環境を整えることがとても重要で、中でも免疫細胞であるNK細胞を活発に働かせることがアレルギー症状の改善につながります。

青汁にはNK細胞を活発化させるビタミンやミネラル、腸内環境を整える食物繊維などがとても豊富です。

まとめ

アレルギー症状は体の免疫機能が過剰に働き過ぎることによって起こります。青汁にはヒスタミンを放出するIgE抗体を抑制したり、免疫細胞であるNK細胞を活性化させる働きがあります。

一見アレルギーとは関係なさそうな青汁ですが、実はとても有効に働く健康食品です。