貧血予防

青汁というと野菜不足解消に効果的というイメージがありますが、それだけではなく青汁には様々な健康に良い効果があります。

特に女性に嬉しい効果が、ふらふらして元気が出ない、やっかいな「貧血」の予防にも効果的があることです。

ここでは貧血予防にどうして青汁が効果的なのかを解説していきます。
dizzy

貧血の主な症状

貧血とは酸素を運ぶ赤血球か、赤血球の中で酸素と結合するヘモグロビンの数が少なく、体内が酸素不足になった状態のことをさします。

女性に貧血が多いのは月経での出血や無理なダイエットが原因です。貧血になるとどのような症状が出るのでしょう。

  • 立ちくらみ・めまい
  • 動悸・息切れ
  • 顔色が悪い・顔色が青白い
  • 吐き気
  • 食欲がなくなる
  • 下まぶたが白っぽくなる
  • 爪が平らになったりスプーンのように反り返ったり、白くなる
  • 倦怠感

等があげられます。

このような症状を引き起こす貧血を予防・改善するにはどのような方法があるのでしょうか。

貧血の予防・改善方法

まず青汁だけでなく貧血の予防・改善に効果的な方法についてみていきましょう。

適度な運動をする

貧血を予防するには適度な運動が効果的です。適度な運動を行うことで身体の代謝が良くなり、血行が良くなるので全身に酸素を送りやすくなり貧血予防に効果があります。

ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が効果的です。1日20分から30分程度できるだけ毎日続けることが大切です。

バスケットボールやテニスと言った足の裏を地面に強く打ち付けるスポーツはその衝撃で赤血球が壊れてしまい逆効果です。

また呼吸が浅くなるような激しい運動は酸素の消費量が増えることにより鉄分の消費量も増えるため、部活動などでこのような運動を行う際にはより多くの鉄分を補う必要があります。

良質な睡眠をとる

貧血と睡眠には深い関係があります。睡眠中は血液のバランスを整えるホルモンが大量に分泌されます。このため睡眠が不足すると鉄分の吸収がうまく行かず、ホルモンバランスが崩れることにより造血作用に影響して、貧血の症状のリスクを高めます。

質の良い睡眠をとるには、寝る前は部屋を暗くしてリラックスする環境を作るほか、自分に合った枕を選んだり、ヒーリングミュージックやアロマなどを好みに応じて取り入れましょう。また朝は朝日を浴び体内時計を調整することで、寝ている間のホルモンバランスが取りやすくなります。

ビタミンCをとる

ビタミンCには植物性の食べ物から摂取される非ヘム鉄をヘム鉄へ変化させる働きがあります。非ヘム鉄はそのままでは吸収率が悪く、ヘム鉄へ変化させることで吸収率を格段にアップさせますので貧血予防に効果的です。

さらに吸収時だけでなく赤血球生成時にもビタミンCは関わっており、不足するとスムーズな生成が行われないことから貧血が改善されにくいのです。またビタミンCには強い抗酸化作用があり、美肌効果や免疫力アップ効果もあります。

葉酸をとる

葉酸が体内に不足すると葉酸欠乏症という病気を発症します。この病気の代表的な症状が悪性貧血です。

葉酸が不足して起きる貧血は鉄分不足のそれとは違い葉酸が体内に足りていないため、血液中の赤血球が正常に作られず通常のサイズより大きくなってしまいます。

大きくなった赤血球は本来の役割である血液と共に酸素を体内に送り出すという働きが出来なくなり体が酸欠状態になり、貧血のような症状が出てしまうのです。

この葉酸欠乏症は体内に葉酸が足りていないために発症するものですので、葉酸を補うことで解消・改善することができます。貧血と言えば「鉄分」と思いがちですが、鉄分だけでは貧血予防は出来ないのです。

葉酸にはこのほかに粘膜保護やがん予防のほかに、胎内で成長を続ける胎児の成長を補助する働きもありますので妊婦さんには欠かせない栄養素でもあります。

鉄分をとる

貧血予防といえば一番最初に思い当たるのが「鉄分」の補給ではないでしょうか。貧血の8割から9割が鉄分不足から起こる鉄欠乏性貧血です。血液中の鉄は「ヘモグロビン」という形で存在します。鉄分はこのヘモグロビンの材料となり体内のあらゆるところへ酸素を運搬します。

なんらかの原因で体内の鉄分が不足するとヘモグロビンンの合成がうまく行かず、赤血球のヘモグロビンが減り赤血球そのものも小さくなってしまいます。その結果体内の酸素供給量が減り、だるい、疲れやすいといった貧血の症状が現れます。

鉄は「体内ミネラル」とも呼ばれており、細胞の活性化が十分に行われていると細胞は血液から鉄を吸収しやすくなり全身の健康が保たれます。

青汁で貧血を効率的に予防・改善するコツ

貧血予防に効果的な成分であるビタミンC、葉酸、鉄分は「青汁」を飲むことで効率よく補うことが出来ます。青汁には大麦若葉やケール、明日葉、桑葉、クマザサを主原料としたものがありますが、このどれにも貧血を予防する成分が含まれています。

中でも貧血予防・改善に効果的な青汁は「大麦若葉」を使用した青汁です。大麦若葉は鉄分を多く含んでいるほか、葉酸を含んでいるのも特徴で貧血予防・改善には効果的です。

また大麦若葉を使用した青汁には貧血予防のほかにも美肌効果、便秘解消、アレルギー症状の予防・緩和、免疫力アップ効果があります。

まとめ

貧血とは体内が酸素不足になった状態のことをさし、主な症状としては立ちくらみ・めまい、動悸・息切れ、倦怠感などがあげられます。貧血を予防・改善するには適度な運動することや良質な睡眠をとること、ビタミンC、葉酸、鉄分をとることが大切です。

貧血予防に良い成分であるビタミンC、葉酸、鉄分は青汁を飲むことでで効率的に補うことが出来ます。特に貧血予防・改善により効果的なのが「大麦若葉」を使用した青汁です。大麦若葉には貧血予防・改善に必要な鉄分、葉酸を多く含み、またビタミン類も多く含みます。

辛い貧血を予防・改善するためにも毎日「大麦若葉」の青汁を飲んで少しずつ貧血を予防・改善していきましょう!