コレステロール改善効果

コレステロールは私たちの体になくてはならない成分です。ですがそんなコレステロールが体内に過剰に蓄積されると、さまざまな病気を引き起こす原因となってしまうんです。

青汁は過剰なコレステロールをコントロールしてくれる働きを持っていることで注目されています。

健康診断表

蓄積されたコレステロールが引き起こす怖い病気

コレステロールはとても悪いものであるというイメージが強すぎて、すべてのコレステロールを排除しなければならないという勘違いをしている人が多いかもしれません。

ですが、コレステロールは本来私たちの体にとって必要不可欠な脂質であり、細胞を構成したりホルモンを作りだす材料になるなど、いい部分も持っているものなんです。

コレステロール値が低すぎると、低コレステロール血症という病気を引き起こし、疲労感や倦怠感が続いたり、黄疸が出るなどの症状が現れることもあります。コレステロールが悪いと言われる要因は、その種類と体内での蓄積量です。

  • 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)・・・体に悪い影響
  • 善玉コレステロール(HDLコレステロール)・・・体にいい影響

 

善玉コレステロールは悪玉コレステロールを回収し、体外へと排出する働きを持っていますが、善玉コレステロールの量が少なくなると回収しきれず、悪玉コレステロールがどんどん蓄積されていってしまいます。

体内に蓄積された悪玉コレステロールは、さまざまな危険な病気を引き起こす原因となります。

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 高血圧
  • 糖尿病


動脈硬化は悪玉コレステロールが血管内にこびりつき、血流の流れが悪くなることで起こる病気です。まったく自覚症状がなく進行していくことから、サイレントキラーと呼ばれており命にまでかかることもあります。

青汁がコレステロールを改善する理由

青汁にはさまざまな健康効果がありますが、コレステロール値の安定や改善にも効果を発揮すると言われています。その理由のひとつとして、青汁に含まれる栄養素がコレステロールを減少させる働きをしているからです。

食物繊維

食物繊維は悪玉コレステロールが体内で吸収されるのを防ぎ、吸着して体外へと排出させてくれます。

ビタミンC

ビタミンCは、悪玉コレステロールを胆汁酸という物質に変化させ、体外へと排出させやすくしてくれます。

ビタミンE

ビタミンEは非常に抗酸化作用の強い成分です。活性酸素は悪玉コレステロールを酸化させ、さらに悪性のコレステロールをへと変えてしまいます。抗酸化作用の強いビタミンEは、その原因となる活性酸素が発生するのを防いでくれます。

このような理由から、青汁がコレステロール改善に効果があると言われています。

まとめ

善玉コレステロールが減少してしまい、悪玉コレステロールが増加してしまうと、体内で悪い影響を与えるようになるコレステロール。そんな悪玉コレステロールの増加を防ぐ働きがあるのが青汁です。

青汁には、コレステロールを体外へと排出させる働きや、悪玉コレステロールを増加させる活性酸素を抑制する効果があります。そのため、コレステロールが増加することで起こりやすくなる動脈硬化などの危険な病気を防ぐことができます。