目の健康維持

青汁は野菜不足解消の他にも様々な効果があり、目の健康維持にも効果があります。目を駆使する現代の生活に欠かせない目の健康維持に、どうして青汁が効果的なのかを解説していきます。
eye

目に多いトラブルと症状

「目は」私たちの日常生活に欠かせない器官です。最近ではコンタクトレンズの使用やインターネット、スマートフォンの復旧に伴い目のトラブルも増えたのではないでしょうか?目のトラブルや症状には主にどのようなものが多いのでしょうか?

  • 近視
  • 乱視
  • 老眼
  • 飛蚊症
  • 眼精疲労(目の疲れ、目の充血、目が乾く、目の痛み、肩こり、頭痛、吐き気)
  • ドライアイ(目のかわき、目のかすみ、目の充血、目の痛み、目の痛み、涙目、光がまぶしく感じる)
  • 目の充血
  • 白内障
  • 結膜炎

等が多く見られます。特に近視や老眼は進行性のもので一度発症するとなかなか治療が困難なため、早くからの予防が必要不可欠です。

目の健康維持に良い栄養素と方法

目の健康時には青汁を飲む以外にどのような方法があるのか見ていきましょう。

目を休ませる

モニターを見ながらの作業や読書は目にかなりの負担を与えます。テレビゲームやスマートフォンも同様です。

  • 15分に一回は遠くを見る等作業を中断する
  • モニターからは50センチほど離れる
  • まばたきをするよう心掛ける
  • 目薬を差して水分を補う
  • 画面の光をまぶしくない程度に調整する
  • ホットタオル等を当て目周辺の筋肉をほぐす

などをして目にかかる負担をできるだけ避けましょう。また瞼を閉じることで眼精疲労は回復します。1日6~7時間の睡眠はきちんととることが大切です。

タバコは目にも良くない

喫煙は目をかなりの酸化ストレスにさらします。また血流を悪くし、目に大切な栄養素であるビタミンCも破壊します。そのため加齢性黄斑性変性(AMD)や白内障のリスクを高めます。また喫煙によって出る煙はドライアイのリスクを高めます。

喫煙は目だけでなく体の至る所に悪影響を及ぼしますので、極力減らしていきたいものです。

βカロテンをとる

βカロテンには強い抗酸化作用があり、目の粘膜や網膜を正常に保つ働きがあります。βカロテンは体内でビタミンAに変換され視力を正常に保つ役割がありますので、夜盲症や視力低下を予防することが出来ます。

またβカロテンの持つ強い抗酸化作用は黄斑変性症や老眼を予防するのに効果的です。βカロテンには目の健康維持の他にも粘膜の維持や美肌効果、がん予防に効果があります。

ポリフェノールをとる

ポリフェノールに含まれるアントシアニンには強い抗酸化作用があります。紫外線や年齢を重ねるごとに増える活性酸素を抑えることで白内障や緑内障、眼精疲労に効果があります。

またポリフェノールの持つ抗酸化作用はβカロテン同様がん予防に効果があるほか体や肌の老化防止、生活習慣予防に効果があります。

ルテインをとる

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。ルテインの特徴は紫外線や活性酸素から直接網膜を保護してくれることです。ルテインはパソコンやスマートフォン、テレビ等のLEDディスプレイや蛍光灯から発せられる有害なブルーライトから目を守るフィルターの役割をします。

ルテインの持つこの抗酸化作用は網膜を保護することにより黄斑変性症や緑内障、白内障に効果があります。また眼精疲労からくる肩こりや全身の倦怠感を緩和する作用もあります。ルテインには目の健康維持の他にも炎症を制御する効果や美肌効果も期待できます。

青汁で効率よく目の健康維持を保つコツ

この目の健康時に欠かせない成分であるβカロテン、ポリフェノール、ルテインは青汁で効率的に補うことが出来ます。青汁の主成分には大麦若葉やケール、明日葉を使用したものなど様々なものがあり、主成分が違えば効果も異なります。

目の健康維持に特に効果的なのはケールを使用した青汁です。ケールにはルテインが特に多く含まれていますので眼病予防に効果的です。またケールを使った青汁には眼病予防の他にもアンチエイジング、睡眠障害改善、生活習慣病予防、便秘解消、美肌効果があります。

青汁で目の健康維持まとめ

目を毎日酷使する方は、特に適度に目を休ませてあげることがトラブル防止につながります。また目のトラブルに効果的なβカロテン、ポリフェノール、ルテインは青汁で効率的に補うことが可能です。中でもケールを主成分とした青汁はルテインを豊富に含んでいるため眼病予防に特に効果的です。

眼病は進行性のものも多いので早めの予防や対策が大切です。毎日ケールを使用した青汁を飲んで眼病予防・対策をしていきましょう!