疲労回復効果

青汁にはさまざまな健康効果があると言われていますが、疲労を回復する効果もあると言われています。疲労には肉体的なものと、脳が感じる疲労感があり、青汁はそのどちらともに働きかける力があるそうです。どのような効果なのでしょうか。

疲れた女性

疲労の仕組み

青汁には疲労を回復させる働きがあると言われていますが、そもそも疲労とはどのようなものなのでしょうか。疲労は主にこの2つに分けられると言われています。

肉体的疲労

激しい運動をした場合など、体の疲れや筋肉の疲れなどが生じることです。体を動かすためにエネルギーを大量に消費するためのエネルギー不足、または、エネルギーを消費させる際に蓄積される疲労物質乳酸によって筋肉疲労を起こします。

疲れたと感じる疲労感

活発に活動している時に分泌される交感神経と体を休めている時に分泌される副交感神経のバランスを整える自律神経が乱れることによって起こる疲労のことです。

ストレスや睡眠不足など、さまざまな原因によって引き起こされます。自律神経が乱れることで活性酸素が大量に発生し、脳内疲労が起こることによって疲れたと感じます。

青汁は疲労回復にどのように働くのか

青汁が疲労回復に効果を発揮する理由はこのようなことが考えられます。

  • 蓄積された疲労物質乳酸を青汁に含まれるビタミンB1が消化させる
  • 活性酸素を青汁に含まれるビタミンCなどの抗酸化成分が除去する

 

活性酸素は疲労蓄積だけでなく、体を老化させてしまう体にとって良くない成分であることはとて有名です。青汁にはさまざまな抗酸化成分が含まれていることから、疲労回復に効果を発揮すると考えられます。

特に大麦若葉に含まれる抗酸化成分「SOD酵素」の抗酸化成分は強力です。また、青汁原料の王様ケールには、イライラを解消するメラトニンも含まれており、リラックスしぐっすり眠ることで、疲労回復につながるため、青汁は疲労回復には最適な健康飲料であると言えます。

まとめ

青汁は筋肉疲労を引き起こす乳酸や脳内疲労を引き起こす活性酸素を除去する働きを持っています。それにより、疲労回復に大きな効果があると考えられています。

抗酸化作用の強力なSOD酵素を含有する大麦若葉や、リラックス成分メラトニンを含有するケールなどが特におすすめです。