更年期障害改善効果

女性ホルモンの変化により、さまざまな不快症状が現れ始める更年期障害ですが、そんな辛い症状を緩和できる力が青汁にあると言われています。どのような働きがあるのでしょうか。

更年期の女性

更年期障害とその症状

更年期障害はある年齢になると、女性ホルモンが減少することで起こる不快症状のことです。体に起こる身体的症状に加え、精神的な症状も同時に起こります。

  • 身体的症状・・・めまい、動悸や息切れ、肩こり、不眠、発汗、ほてり、吐き気、頭痛
  • 精神的症状・・・イライラする、不安になる、やる気が起きない、うつ状態

 

更年期障害は主に40代後半から50代にかけ現れ始めることが多いですが、中にはまだ40代前半の若い年齢の女性でも症状が現れることもあります。

女性の体は女性ホルモンの分泌やそのリズムに左右されることが多いですが、更年期障害の症状も女性ホルモンである「エストロゲン」が減少しはじめることの影響によって起こるものです。

青汁の更年期障害改善効果とは

更年期障害は主にホルモンの変化により自律神経が乱れることや、女性ホルモンそのものが減少することで起こる症状です。そのため、自律神経のバランスと女性ホルモンのバランスを整えることが重要視されます。

青汁が更年期障害の辛い症状に効果的であると言われているのは、これらの症状を改善する成分が豊富だからです。

  • 自律神経を整える・・・ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンEなど
  • 女性ホルモンを整える・・・亜鉛、ビタミンB6、ビタミンEなど

 

また、女性ホルモンが減少してしまうことで、骨の内部にあるカルシウムが溶け出してしまいます。そのため女性には骨粗しょう症が多いと言われているのです。青汁にはカルシウムも豊富なため、骨粗しょう症予防にも効果を発揮します。

また、辛い症状を改善するためには抗酸化作用の高い成分も必要です。ビタミンCやビタミンEをはじめ、大麦若葉に含まれるSOD酵素も積極的に摂りたい成分です。

まとめ

青汁には健康維持や野菜不足だけでなく、女性の辛い症状である更年期障害を改善する効果もあると言われています。女性ホルモンのバランスを整え、自律神経を活発に働くように導いてくれます。

通常40代後半からこの症状に悩まされる女性が多いと言われていますが、もっと若い年齢で症状が現れる場合もあるため、早めのケアが必要です。