妊娠中の栄養補給効果

妊娠中は、あまり食べない方がいいもの、その逆で積極的に食べた方がいいものなど、特に食べ物に気を使う時期です。

食べ物の好みが変わったり、またつわりなどでしっかりと栄養が摂れないこともあります。そんな時、青汁は強い味方になってくれます。どのような青汁効果があるのでしょうか。

妊婦

妊娠中のプレママの悩みとは

妊娠中は急激なホルモンや体型の変化、また体への負担からできなくなることが多くなり、プレママの悩みは増加します。妊娠中に多い悩みはこのようなものです。

  • 体重が増えすぎた
  • つわりで食べられない
  • 食べ物の好みが変わった
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • カフェインが入っているコーヒーなどの飲み物を飲めない
  • 貧血気味
  • むくみ
  • 腰痛

 

つわりで食べられず栄養不足になったり、そのせいで貧血肌荒れ便秘などを悪化させるケースも多いようです。

青汁の豊富な栄養はプレママの味方

青汁にはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。そのため、妊娠中のプレママにはぴったりの健康食品と言えます。

妊娠中は摂取するものにとても気を使いますが、青汁は緑野菜のしぼり汁であり、天然の原料を使用しています。そのため副作用の心配もなく、妊娠中も飲むことができるのはとてもうれしいですね。

青汁はビタミンミネラルはもちろんのこと、妊娠初期の先天性異常を予防する葉酸や、妊娠中に起こりやすい頑固な便秘を解消する食物繊維がとても豊富です。プレママにうれしい栄養素がたっぷりと含まれているのです。

ただし、青汁によっては添加物などが含まれているをいる品質の良くない商品や、カフェインが含まれている原材料を使用したものもないわけではありません。まずはかかりつけの産婦人科医に相談のうえ、摂取することをおすすめします。

まとめ

青汁は野菜のしぼり汁であり、天然原料を使用した健康食品のため、妊娠中でも安心して摂取できます。

また妊娠中に不足しがちな栄養素を補給し、妊娠中に起こりやすい困った症状の改善にも効果を発揮してくれます。ただし、妊娠中は非常にデリケートな時期であるため、まずはかかりつけの産婦人科医に相談のうえ摂取が基本です。