薄毛予防改善効果

青汁と薄毛、一見無関係に見えること2つのキーワードは、実はとても深い関係にあることをご存じでしょうか。青汁には薄毛に悩む人に、嬉しい成果をもたらす働きが備わっているんです。青汁と薄毛にはどのような関係があるのでしょうか。

薄毛の男性

男性と薄毛の関係性とは

青汁と薄毛には、実は大きな関わりがあります。青汁は健康維持や野菜不足解消などの効果の他に、実は薄毛を改善したり予防したりする働きも持っているのです。

特に男性はホルモンの関係で、女性よりも薄毛になりやすいという性質を持っています。男性がなりやすい薄毛はこれらのタイプです。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠性(ひこうせい)脱毛症
  • 機械製脱毛症


さまざまな薄毛のタイプがありますが、中でも最も多い薄毛のタイプがAGA(男性型脱毛症)と言われるもので、成人男性の約3割はこのAGAで悩んでいると言われています。

女性にも薄毛に悩む人はいますが、年齢に伴って髪全体が薄くなっていくタイプが多いのに対し、男性は早ければ20代から薄毛を自覚しはじめ、生え際や頭頂部などが薄くなっていく特徴があります。

青汁は薄毛に効果を発揮するのか

青汁と薄毛は一見なんの関係性もないように見えますが、青汁は薄毛に効果を発揮する健康食品であると言われ、独自に青汁開発を進めている育毛メーカーもあるんです。

そんな薄毛に効果的だと言われている青汁ですが、成人男性に最も多いとされるAGA型薄毛に特に効果を発揮すると言われています。

AGA型薄毛に効果を発揮する理由

AGA薄毛の最も大きな原因のひとつに、男性ホルモンの乱れが挙げられます。男性ホルモンがバランスを崩すとDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが活発に分泌しはじめます。このDHTこそ、AGAの要因なのです。

青汁には男性ホルモンのバランスを整える働きがあると言われているビタミンB群やビタミンE、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル、アミノ酸などの栄養素がぎっしりと詰まっています。そのため、青汁が薄毛を予防、改善すると言われているのです。

まとめ

青汁と薄毛という一見あまり関係なさそうな2つのキーワードに大きなつながりがあります。男性薄毛の要因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン一種が多く分泌されてしまう原因のひとつが男性ホルモンの乱れ。

青汁に含まれる豊富なビタミンやミネラル、アミノ酸には、この男性ホルモンの乱れを正常にする働きがあると言われています。そのため、青汁が薄毛対策に効果を発揮し、薄毛改善にいい影響を与えるのです。